糠蝦(読み)ぬかえび

精選版 日本国語大辞典「糠蝦」の解説

ぬか‐えび【糠蝦】

〘名〙
① 「あみ(醤蝦)」の異名
日葡辞書(1603‐04)「Nucayebi(ヌカエビ)〈訳〉えびの一種」
② ヌマエビ科の小形のエビ。体長二~三センチメートル。体は黒褐色または緑褐色で体の背面に幅の広い一本の黄褐色の線がある。額の中央から出ている角には上縁に四~二〇棘、下縁に一~六棘が並ぶ。本州中部から東北地方にかけて分布し、河川湖沼にすむ。一年中漁獲し、干しエビなどに加工する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「糠蝦」の解説

ぬか‐えび【××蝦】

ヌマエビ科の甲殻類。川や水草の間にすみ、体長3センチくらいで、黒褐色または青褐色。本州中部以北に分布。干しエビにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「糠蝦」の解説

糠蝦 (ヌカエビ)

学名Paratya compressa improvisa
動物。ヌマエビ科のエビ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android