粗供養(読み)そくよう

献辞辞典「粗供養」の解説

粗供養

文字通り供養を頂いたことに対するお返し粗品という意味合 いがあり、特に西日本地区で多く用いられるもので、仏教通夜・葬儀告別式・法要時の際に、 喪家より出席者や弔慰金品を頂いた先様に対して贈る香奠返しの表書きの献辞(上書き)に用い られます。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

葬儀辞典「粗供養」の解説

粗供養

会葬礼状に添えて渡す品物ハンカチタオルお茶などが一般的です。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android