米井 源治郎(読み)ヨネイ ゲンジロウ

20世紀日本人名事典「米井 源治郎」の解説

米井 源治郎
ヨネイ ゲンジロウ

明治・大正期の実業家 麒麟麦酒専務。



生年
文久1年9月16日(1861年)

没年
大正8(1919)年7月20日

出生地
美作国苫田郡高倉村(岡山県津山市)

学歴〔年〕
慶応義塾〔明治20年〕卒

経歴
豪農の家に生まれる。明治20年慶応義塾を卒業ののち食料品輸入販売業の明治屋に勤務し、又従兄弟で同社の創業者磯野計の片腕として活躍。計の没後はその遺児である後見人を務め、36年に同社を合名会社に改組して社長となった。40年実業家岩崎久弥の援助を受けて買収した横浜のジャパン・ブルワリーを元に麒麟麦酒株式会社を設立し専務取締役に就任、明治屋を専売店として販売拡充を図った。大正6年磯野商会を受け継いで米井商会に改組し、鉄・機械の輸出入業及び請負業を経営。また、桜セメントや日本硝子工業などにも関係した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「米井 源治郎」の解説

米井 源治郎 (よねい げんじろう)

生年月日:1861年9月16日
明治時代;大正時代の実業家。明治屋社長
1919年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android