節気(読み)せっき

精選版 日本国語大辞典「節気」の解説

せっ‐き【節気】

〘名〙 黄道を二四等分して、太陽がその位置に来たときの季を示すようにしたもの。中国伝来の語で、太陰太陽暦で、季節と暦日の不一致を補うために暦に書き入れた。立春雨水啓蟄(けいちつ)・春分・清明(せいめい)穀雨・立夏・小満(しょうまん)芒種(ぼうしゅ)・夏至・小暑(しょうしょ)・大暑(たいしょ)立秋処暑(しょしょ)白露(はくろ)・秋分・寒露霜降(そうこう)・立冬・小雪大雪・冬至・小寒(しょうかん)大寒(だいかん)と名づける。二十四節気二十四気二十四節
経国集(827)二〇「節気推移、遅速或変其序
※農業全書(1697)一「農人はつねに暦をみて、土用八専、其外節気のかはりを考へ」 〔後漢書‐律暦志・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「節気」の解説

【節気】せつき

二十四気。

字通「節」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「節気」の解説

せっ‐き【節気】

二十四節気にじゅうしせっき」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「節気」の解説

節気【せっき】

二十四節気

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「節気」の解説

節気
せっき

二十四節気

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の節気の言及

【季節】より

…中国では2至2分の中間点を立春,立夏,立秋,立冬と呼び,それぞれ春,夏,秋,冬の始まりとしたが,ヨーロッパでは2至2分が四季の始まりとされた点が異なる。中国では1年を24等分して,立春,立夏,立秋,立冬を含む24の区分点すなわち節気を設け,さらに節気の間を3等分して,各期間を初候,二候,三候と呼び,1年を72候に区分した。この季節区分は日本にも取り入れられ,二十四節気のいくつかは現在も用いられている。…

【二十四節気】より

…12個の中気と12個の節気の総称で,中国の戦国時代に成立した。節気ないし二十四気とも略称する。…

※「節気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android