筆削(読み)ひっさく

精選版 日本国語大辞典「筆削」の解説

ひっ‐さく【筆削】

〘名〙 字句を書き加えたり、けずり去ったりすること。添削
※本朝文粋(1060頃)一三・為左大臣供養浄妙寺願文〈大江匡衡〉「淡海公手草詔勅律令、興仏法帝範」 〔晉書‐皇甫謐伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「筆削」の解説

ひっ‐さく【筆削】

[名](スル)文章の語句を書き加えたり削ったりすること。添削。
「わざと何等の―をも施さない事にした」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉
[類語]筆を入れる朱筆を入れる朱を入れる手を入れる手を加える添削補筆推敲彫琢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「筆削」の解説

【筆削】ひつさく

文字を修改する。〔史記、孔子世家〕孔子~春秋を爲(つく)るに至りては、筆すべきは則ち筆し、るべきは則ちる。子夏の、一辭をも贊することはず。

字通「筆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android