端午の節句(読み)たんごのせっく

日本文化いろは事典「端午の節句」の解説

端午の節句

端午節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。強い香気でを祓う菖蒲やよもぎを(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

デジタル大辞泉「端午の節句」の解説

たんご‐の‐せっく【端午の節句】

端午」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android