立案(読み)りつあん

精選版 日本国語大辞典「立案」の解説

りつ‐あん【立案】

〘名〙 を立てること。計画を立てること。草案をねること。りゅうあん。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「狂言作者等が立案(リツアン)せる新狂言の世話物」 〔唐律‐断獄・訊囚察辞理〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立案」の解説

りつ‐あん【立案】

[名](スル)
工夫して計画を立てること。案を立てること。「新企画を立案する」
草案・文案をつくること。「大要を踏まえて立案する」
[類語]企画設計計画もくろみくわだはかりごと一計企図構想プランプロジェクト青写真筋書手の内予定もくろむたくらむ策するかくする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「立案」の解説

【立案】りつあん

案を作る。

字通「立」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android