稲穂(読み)いねぼ

精選版 日本国語大辞典「稲穂」の解説

いね‐ぼ【稲穂】

〘名〙
紋所の名。でかたちづくったもの。数本の稲穂によるものと、束ねた稲穂によるものに大別され、その中で三本立稲穂、稲巴、抱稲、違稲など図柄にいくつかの種別がある。稲紋(いねのもん)。稲。

いな‐ほ【稲穂】

〘名〙 (「いなぼ」とも)
① 稲の穂。《季・秋》
※万葉(8C後)一・六・左注「時勅多挂稲穂而養之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「稲穂」の解説

いな‐ほ【稲穂】

《「いなぼ」とも》稲の穂。 秋》草花と握り添へたる―かな/一茶
紋所の名。稲の穂を図案化したもの。
[類語]瑞穂初穂垂り穂落ち穂穂先穂並み穂波

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「稲穂」の解説

いなほ【稲穂】

愛媛の日本酒。蔵元は「山崎酒造」。現在は廃業は西予市野村町にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

普及版 字通「稲穂」の解説

【稲穂】とう(たう)すい

稲の穂。成大〔竹下〕 稻穗、にして臥せんと欲し 槿(きんくわ)、紅未だちず

字通「稲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android