秋の空(読み)あきのそら

精選版 日本国語大辞典「秋の空」の解説

あき【秋】 の 空(そら)

① 秋、晴れわたって高く見える秋晴れの空。《季・秋》
※後撰(951‐953頃)秋下・四二三「おほかたの秋のそらだにわびしきに物思ひそふる君にもある〈右近〉」
② (秋は天候が変わりやすいところから) 気持の変わりやすいことをたとえていう。特に男女の間についていう。
※雑俳・礒の波(1747)「下手のは七度替る秋の空」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋の空」の解説

あき‐の‐そら【秋の空】

秋のころの高く澄み渡った空。あきぞら。 秋》「にょっぽりと―なる不尽ふじの山/鬼貫
《秋の天気が変わりやすいところから》人の心や愛情などが変わりやすいことにたとえる。「男心(女心)と秋の空
[類語]青天碧落青雲朝空夕空夜空初空秋空冬空寒空寒天星空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android