秋の暮れ(読み)あきのくれ

精選版 日本国語大辞典「秋の暮れ」の解説

あき【秋】 の 暮(く)

① 秋の節の終わり。暮れの秋。暮秋晩秋。《季・秋》
※千載(1187)秋下・三三三「さりともとおもふ心も虫のねもよわりはてぬる秋のくれかな〈藤原俊成〉」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「しにもせぬ旅寝の果よ秋の
② 秋の日の夕暮れ。秋の夕べ。《季・秋》
※源氏(1001‐14頃)夕顔「すぎにしもけふわかるるも二みちにゆくかたしらぬ秋のくれかな」
※俳諧・曠野(1689)四「かれ朶にのとまりけり秋の暮〈芭蕉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋の暮れ」の解説

あき‐の‐くれ【秋の暮れ】

秋の夕暮れ。秋の夕べ。 秋》枯枝に烏のとまりたるや―/芭蕉
秋の末ごろ。晩秋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android