(読み)そ

精選版 日本国語大辞典 「祚」の意味・読み・例文・類語

そ【祚】

〘名〙
天子の位。ひいて、天子、王朝の統治。
※保元(1220頃か)上「仁明は嵯峨の第二の王子、淳和天皇の御子達を閣(さしおい)て、祚をふみ給ひき」 〔鍾会‐檄蜀文〕
② とし。年。年祚。
※太平記(14C後)二八「項王遂に亡びて、漢七百の祚(ソ)を保ちし事は、陳平、張良が謀にて、偽って和睦せし故也」 〔曹植‐元会詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「祚」の意味・読み・例文・類語

そ【祚】[漢字項目]

[音]ソ(漢)
天からくだされる幸福。「福祚
天子の位。「皇祚聖祚践祚重祚ちょうそ帝祚

そ【×祚】

天子の位。
「皇子御誕生あって、―をつがしめん事も」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android