硫黄島(いおうとう)(読み)いおうとう

日本大百科全書(ニッポニカ)「硫黄島(いおうとう)」の解説

硫黄島(いおうとう)
いおうとう

東京都小笠原諸島(おがさわらしょとう)の南西、火山列島硫黄列島)の中央にある粗面安山岩の活火山島。中硫黄島ともいう。直径10キロメートルの海底カルデラのカルデラ縁上に形成された火山。小笠原支庁小笠原村に属す。東京の南約1250キロメートルに位置し、周囲約22キロメートル、面積23.16平方キロメートル。北東から南西に伸長した段丘が発達し、中央部は平坦(へいたん)であるが、中北部に元山(約115メートル)、南西端に摺鉢山(すりばちやま)(169メートル)がある。

 1889年(明治22)以降小規模な水蒸気爆発が繰り返されている。1968年(昭和43)以来、防災科学技術研究所、気象庁、国土地理院などによって火山観測が続けられている。島内各地に硫気、地熱地域が分布。また、ほぼ全島にわたり、200年以上にわたって地盤が隆起し続けており、1981~1984年や2001~2002年(平成13~14)さらには2011年1月末~2012年5月には最大1メートルを超える隆起が観測され、隆起がみられていた時期や後に小規模の水蒸気爆発が発生した。気候は亜熱帯気候帯に属するが、活火山島のため植物相は貧弱である。

 16~17世紀以来、欧米人によって存在が認められていたが、絶海の小島ということから、長く無住・無主の地として放置されていた。1887年(明治20)ごろから、日本人で漁労や硫黄採取に従事する者があって、1891年9月の勅令第190号をもって硫黄列島とし、小笠原の所轄に編入した。明治末期ごろからサトウキビの栽培に成功し、以来それが最大の産業となった。その後、糖価の下落で死活問題にまで追い込まれたが、昭和初期コカノキの栽培に成功して、その特異な存在が知られるようになった。そのほかデリス球根、バナナその他の熱帯性果実、野菜なども栽培していたが、市場遠隔のため振るわなかった。住民はすべて内地からの移住者で、1944年(昭和19)には1164人を数えたが、第二次世界大戦のため、同年全員内地に引き揚げた。1945年アメリカ軍が上陸、激戦場となり(硫黄島の戦い)、その陥落後は日本本土攻撃の基地となった。

 第二次世界大戦後、アメリカの施政権下にあったが、1968年(昭和43)小笠原諸島の日本復帰とともに、東京都小笠原支庁に所属した。なお、硫黄島はアメリカ軍により「いおうじま」とよばれ、戦後はこの呼び方が定着、1982年以降は国土地理院もこの呼称を使用していた。しかし、旧島民は戦前より「いおうとう」とよんでいたことから、小笠原村は国土地理院に変更を要望。2007年(平成19)6月、国土地理院と海上保安庁海洋情報部で構成する「地名等の統一に関する連絡協議会」の決定により、旧称に復した。現在、硫黄島には、海上自衛隊硫黄島航空基地隊が置かれている。電波灯台ロラン局の維持にあたっていたアメリカの沿岸警備隊は1993年(平成5)撤退し、かわって、同年からアメリカの空母艦載機による夜間発着訓練(NLP:Night Landing Practice)が行われるようになった。小笠原国立公園の中にあるが、除外されている。人口402(2010)。

[菊池万雄・諏訪 ・中田節也]

『東京都島嶼町村一部事務組合編・刊『伊豆諸島・小笠原諸島民俗誌』(1993)』『森田敏隆写真『日本の大自然28 小笠原国立公園』(1995・毎日新聞社)』『清水善和著『自然史の窓 小笠原自然年代記』(1998・岩波書店)』『青山潤写真・文『小笠原 緑の島の進化論』(1998・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android