着想(読み)ちゃくそう

精選版 日本国語大辞典「着想」の解説

ちゃく‐そう ‥サウ【着想】

〘名〙 仕事、計画などのいとぐちとなるような考え、工夫。おもいつき。また、芸術作品などの想を構成すること。
※「伽羅枕」及び「新葉末集」(1892)〈北村透谷〉「が此二作の意匠相似たりと言ふは〈〉作家着想(チャクソウ)根本に入りて理想の同致あるを認めたればなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「着想」の解説

ちゃく‐そう〔‐サウ〕【着想】

[名](スル)ある物事を遂行するための工夫や考え。思いつき。アイデア。「奇抜な着想」「主婦が着想した台所用品」
[類語]発想思いつき着意発意思いつく考えつくひらめく思い浮かぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android