着丈(読み)きたけ

精選版 日本国語大辞典 「着丈」の意味・読み・例文・類語

き‐たけ【着丈】

〘名〙 (「きだけ」とも) その人が着るのに適当した、えりからすそまでの着物長さ。ついたけ。
※俳諧・毛吹草追加(1647)上「着長(キダケ)もや五尺の菖蒲湯絺(ゆかたびら)〈貞盛〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「着丈」の意味・読み・例文・類語

き‐たけ【着丈】

《「きだけ」とも》
洋服の、後ろ襟ぐりから裾までの寸法
和服長着で、着付けたときの肩山から裾までの寸法。→身丈みたけ
[類語]寸法長さ延長全長体長たけ内法うちのり外法そとのり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android