相田 みつを(読み)アイダ ミツオ

20世紀日本人名事典「相田 みつを」の解説

相田 みつを
アイダ ミツオ

昭和・平成期の書家,商業デザイナー



生年
大正13(1924)年5月20日

没年
平成3(1991)年12月17日

出生地
栃木県足利市

本名
相田 光男

学歴〔年〕
足利中〔昭和17年〕

経歴
昭和17年から曹洞宗高福寺の禅僧、武井哲応老師に在家のまま師事。宝仙学園短期大学長・紀野一義にも学ぶ。独特の書体と闊達なの運びで読む人の心をとらえた。平成8年9月“相田みつを美術館”が開設された。著書に「雨の日には雨の中を風の日には風の中を」「にんげんだもの」「一生感動 一生青春」ほか。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「相田 みつを」の解説

相田 みつを (あいだ みつお)

生年月日:1924年5月20日
昭和時代;平成時代の書家;商業デザイナー
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android