相生 由太郎(読み)アイオイ ヨシタロウ

20世紀日本人名事典「相生 由太郎」の解説

相生 由太郎
アイオイ ヨシタロウ

明治・大正期の実業家 大連商工会議所会頭。



生年
慶応3年4月28日(1867年)

没年
昭和5(1930)年1月3日

出生地
筑前国福岡(福岡県福岡市)

学歴〔年〕
東京高商(現・一橋大学)〔明治29年〕

経歴
日本郵船、三井鉱山を経て、三井物産入社。明治40年満鉄に転じ、42年大連市に福昌公司(埠頭荷役業)を設立。他に、土木建築、貸家、保険代理、石炭採堀等、数々の事業を展開。大正5年大連商工会議所会頭に就任、9年間つとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「相生 由太郎」の解説

相生 由太郎 (あいおい よしたろう)

生年月日:1867年4月28日
明治時代;大正時代の実業家
1930年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android