相沢 菊太郎(読み)アイザワ キクタロウ

20世紀日本人名事典「相沢 菊太郎」の解説

相沢 菊太郎
アイザワ キクタロウ

明治・大正期の行政家 相原村(神奈川県)村長



生年
慶応2年4月14日(1866年)

没年
昭和37(1962)年4月26日

出生地
神奈川県相原村(現・相模原市)

経歴
明治41年生地の神奈川県相原村の村長となり、横浜鉄道(のちJR横浜線)の橋本駅開設や相模農蚕学校(のち相原高校)の誘致に尽力する。18年から直前までの生活を記録した「相沢日記」を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android