相沢 忠洋(読み)アイザワ タダヒロ

20世紀日本人名事典「相沢 忠洋」の解説

相沢 忠洋
アイザワ タダヒロ

昭和期の考古学者 赤城人類文化研究所長。



生年
大正15(1926)年6月21日

没年
平成1(1989)年5月22日

出生地
東京都大田区

出身地
群馬県

学歴〔年〕
桐生市立青年学校〔昭和19年〕中退

主な受賞名〔年〕
群馬県功労賞〔昭和36年〕,吉川英治賞〔昭和42年〕

経歴
履物屋に奉公しながら小学校を卒業、青年学校を中退して横須賀海兵団に入団戦後、群馬県桐生市に移り、行商のかたわら研究を重ね、昭和21年群馬県新田郡笠懸村で“岩宿遺跡”を発見、24年明治大学考古学教室との共同調査で縄文時代以前に旧石器時代があったことを立証し、旧石器文化研究の先駆けとなる。23年東毛考古学研究所を設立。53年には赤城人類文化研究所を設立し、赤城山麓の旧石器時代遺跡の調査にあたる。著書に「岩宿の発見」「赤城山ろくの旧石器文化の研究」「赤城山麓の旧石器」(共著)など。平成3年群馬県新里村に相沢忠洋記念館が開設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「相沢 忠洋」の解説

相沢 忠洋 (あいざわ ただひろ)

生年月日:1926年6月21日
昭和時代;平成時代の考古学者
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android