相沢永長斎(読み)あいざわ えいちょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「相沢永長斎」の解説

相沢永長斎 あいざわ-えいちょうさい

1791-1866 江戸時代後期の剣術家。
寛政3年生まれ。陸奥(むつ)桃生(ものう)郡(宮城県)永井村の村田氏につかえる。小野派一刀流をおさめ,さらに江戸で柳剛流の中西九郎左衛門にまなぶ。岡田丈松の名で諸国を遊歴して帰郷し,小山(おやま)一刀流をおこした。門弟5000人におよんだという。慶応2年7月1日死去。76歳。名は直房。通称は運太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android