相原 求一朗(読み)アイハラ キュウイチロウ

20世紀日本人名事典「相原 求一朗」の解説

相原 求一朗
アイハラ キュウイチロウ

昭和・平成期の洋画家



生年
大正7(1918)年12月3日

没年
平成11(1999)年2月5日

出生地
埼玉県川越市

本名
相模 茂吉

学歴〔年〕
川越商卒

主な受賞名〔年〕
埼玉文化賞(第30回)〔昭和62年〕,新作家賞(2回),川越市初雁文化章〔平成4年〕

経歴
昭和23年猪熊弦一郎に師事。39年以降カナダ、イタリア、中南米などを取材旅行。家業の穀物問屋を継ぐかたわら、新制作展に出品を続けた。43年新制作協会会員。第1回東京具象絵画国際ビエンナーレ展出品。平成6年安井賞展選考委員。北海道の自然に魅せられ、「斜里浅春」など北海道や東北を題材とした作品が多い。8年北海道中札内村に相原求一朗美術館、9年北海道帯広市に相原求一朗デッサン館が開館した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android