相原 文四郎(読み)アイハラ ブンシロウ

20世紀日本人名事典「相原 文四郎」の解説

相原 文四郎
アイハラ ブンシロウ

明治・大正期の海軍主計少将



生年
明治3年12月23日(1871年)

没年
大正15(1926)年9月9日

出生地
山梨県中巨摩郡稲積村

経歴
明治27年海軍主計候補生の試験に合格し、28年海軍に入り、日清戦争・日露戦争北清事変に従軍した。33年軍艦岩手回航委員を命じられ英国出張、のち主計少将。大正8年主計総監、10年佐世保鎮守府附となり、11年予備役に編入された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android