盆地霧(読み)ぼんちぎり

日本大百科全書(ニッポニカ)「盆地霧」の解説

盆地霧
ぼんちぎり

盆地にできる放射霧、蒸気霧である。周辺の山地斜面放射冷却し、それに接する空気も冷却して重くなり、流れ落ちて盆地にたまるので、平地の場合よりも放射霧はできやすい。甲府や山形でよくみられ、蒸気霧(川霧)も混じっていることが多い。

[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「盆地霧」の解説

盆地霧【ぼんちぎり】

よく晴れた夜間,放射冷却によってできた低温・湿潤の空気が,2〜3m/sの弱い風によって周囲の斜面から盆地にたまったとき発生する霧。放射霧一種。この種の霧の厚さは,地面から20〜30mくらいである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「盆地霧」の解説

ぼんち‐ぎり【盆地霧】

〘名〙 など朝夕の放射冷却で気温が下がったとき、盆地にあらわれる霧。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の盆地霧の言及

【霧】より

…(c)谷霧 山頂で放射冷却によって生じた冷たい重い空気が,谷に流れ下りてたまり,水蒸気が凝結して生ずる霧。(d)盆地霧 盆地内は比較的大気が安定しており,地面の放射冷却によって霧が生じたり,山腹の放射冷却による冷たい重い空気が入りこんで霧が発生する。(e)都市霧 都市内や工場周辺では煙や粉塵が多く,これが凝結核になって霧が発生しやすい。…

※「盆地霧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android