登攀(読み)とうはん

精選版 日本国語大辞典「登攀」の解説

とう‐はん【登攀】

〘名〙 高い所や、けわしい山などをよじること。とはん。
※文華秀麗集(818)中・遊北山寺〈多治比清貞〉「香刹青嵒頂、登指世情」 〔張華‐蕭史曲〕

と‐はん【登攀】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「登攀」の解説

とうはん【登攀】[書名]

小尾十三短編小説。日本統治下の朝鮮舞台に、日本人教師と生徒との交流を描く。昭和19年(1944)発表。同年、第19回芥川賞受賞

とう‐はん【登×攀】

[名](スル)登山で、険しい岩壁などをよじ登ること。とはん。「ヒマラヤ登攀に成功する」
[補説]書名別項。→登攀
[類語]登山山登り登頂クライミング

と‐はん【登×攀】

[名](スル)とうはん(登攀)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「登攀」の解説

【登攀】とうはん

よじ登る。李白〔太白峰に登る〕 西のかた太白峰に上る 夕陽、登攀を窮む

通「登」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android