発起(読み)ホッキ

デジタル大辞泉「発起」の解説

ほっ‐き【発起/発企】

[名](スル)
思いたって事を始めること。
「自分が―し、…村のために始めた道路愛護会の」〈島木健作・続生活の探求〉
仏語。
㋐悟りを求める心を起こすこと。発心
㋑「倶舎論」などで、迷いが起こること。
あきらめること。我を折ること。
「神様のお御意で―致した」〈浄・今宮の心中
[類語](1旗揚げ決起

はっ‐き【発起】

ほっき(発起)」に同じ。
「強魯と容易ならぬ葛藤の萌芽きざし、将に―せんず風聞あり」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「発起」の解説

はっ‐き【発起】

〘名〙 物事が起こり始まること。また、物事を起こすこと。ほっき。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※文明東漸史(1884)〈藤田茂吉〉内篇「花井虎一の密訴の如きは〈略〉幾んど上下を聳動せる大獄を撥起したるものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「発起」の解説

【発起】ほつき

起こる。〔論衡、感類〕陽和せざれば、災變發す。~に感じ、慊懼(けんく)自ら思ふ。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android