疫鬼(読み)えきき

精選版 日本国語大辞典「疫鬼」の解説

えき‐き【疫鬼】

〘名〙 疫病を流行させるという悪神。やくびょうがみ。
※太平記(14C後)二三「我已に疫(エキキ)に魂を奪はれ、今は何に武(たけ)く思ふ共叶ふまじ」 〔論衡‐訂鬼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「疫鬼」の解説

えき‐き【疫鬼】

疫病をはやらせるという悪神。疫病神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「疫鬼」の解説

【疫鬼】えきき

やくびょう神。〔論衡、訂鬼〕(せんぎょく)氏に三子り。生れて(に)げ去り、疫鬼と爲る。

字通「疫」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android