留守(読み)ルス

デジタル大辞泉「留守」の解説

る‐す【留守/留主】

[名](スル)
主人や家人が外出している間、その家を守ること。また、その人。留守番守居。「―を頼む」
「玄関をはいると雇い人だけが―していた」〈有島・小さき者へ〉
外出して家にいないこと。「三日ほど―にする」「―していまして失礼しました」「居―」
他のことに心を奪われ、その方に気が回らないこと。「お留守」の形でも用いる。「手元が―になる」「仕事が忙しくて家事がお―になる」
[類語]不在居留守無人留守番留守居留守を使う留守を預かる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「留守」の解説

【留守】りゆう(りう)しゆ・るす

主の不在中、都を守る。〔史記、越王句践世家〕王、北のかた侯をに會し、國の、王に從ふ。だ獨り老太子とのみ留守す。句踐~を伐つ。

字通「留」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android