生存(読み)せいぞん

精選版 日本国語大辞典 「生存」の意味・読み・例文・類語

せい‐ぞん【生存】

〘名〙 (「せいそん」とも) この世に生きて存在すること。生命を持続すること。生きながらえること。生き残ること。
※古活字本毛詩抄(17C前)一九「今生存の時の如くに多士が行なうぞ」
※新粧之佳人(1886)〈須藤南翠〉一八「妾(わたく)しの心には今以て良人は生存(セイソン)して居て」 〔説苑‐尊賢〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「生存」の意味・読み・例文・類語

せい‐ぞん【生存】

[名](スル)《「せいそん」とも》生きてこの世にいること。生命を存続すること。「生存していくための闘い」「生存者」
[類語]生息存命存生在世生きる生かす生活在るそんする永らえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「生存」の読み・字形・画数・意味

【生存】せいぞん

生きる。魏・曹植〔篌引〕詩 生存しては屋に處(を)り 零(死)しては山丘に歸す 先民、誰(たれ)か死せざらん 知命、復(ま)た何をか憂へん

字通「生」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android