生る(読み)アル

デジタル大辞泉「生る」の解説

あ・る【生る】

[動ラ下二]など神聖なものが出現する。天皇の御子などが生まれる。
橿原かしはら日知ひじりの御代ゆ―・れましし神のことごと」〈・二九〉

な・る【生る】

[動ラ五(四)]
草木ができる。結実する。みのる。「柿が―・る」
新たに生じる。
「親無しになれ―・りけめや」〈推古紀・歌謡〉
[類語]出来る産するとれる実る実を結ぶ鈴生り実り結実末生うらな本生り二度生り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「生る」の解説

いけ‐る【生る】

連語〙 (四段動詞「いく(生)」の命令形「いけ」に、完了の助動詞「り」の連体形「る」の付いたもの) 生きている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android