王国(読み)おうこく

精選版 日本国語大辞典 「王国」の意味・読み・例文・類語

おう‐こく ワウ‥【王国】

〘名〙
が支配する国。王を君主とする国。
※史記抄(1477)五「秦はもとは王国とて諸侯王であったか」 〔書経‐立政〕
② 一つの大きな勢力として栄えている地域や団体をたとえていう。
※日本文化の雑種性(1955)〈加藤周一〉三「ドイツ音楽の世界よりも豊かな音楽の王国はどこにもないだろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「王国」の意味・読み・例文・類語

おう‐こく〔ワウ‐〕【王国】

王を主権者とする国。「デンマーク王国
その物事が非常な勢力をもって栄えている組織・地域をたとえていう。「野球王国
[類語]連邦合衆国共和国君主国帝国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「王国」の読み・字形・画数・意味

【王国】おう(わう)こく

王の治める国。〔小雅、六月〕王于(ここ)に出で征き 以て王國を(ただ)す

字通「王」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

特別抗告

(1) 民事訴訟法上,通常の不服申立が認められていない決定,または命令に対して直接最高裁判所に提起する抗告。この制度は,最高裁判所の違憲審査権を保障しようとするものであるため,原裁判に憲法解釈上の誤り...

特別抗告の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android