物になる(読み)ものになる

精選版 日本国語大辞典「物になる」の解説

もの【物】 に なる

① 一かどの人になる。立派な人になる。
※成尋母集(1073頃)「人のこれを憐れび思はずば、ものになるべき人のさまやはしたる」
② 思い通りになる。意図したように事が運び、成就する。
※玉塵抄(1563)五「戈のさきで、の中のものを、米やあわをつくことぞ。ものになるまいことぞ」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵鉄道国有「今年の議会で鉄道国有が物になると云ったのを聞いたもんだから」
③ 目がけていた女性が手にはいる。
※青鬼のを洗ふ女(1947)〈坂口安吾〉「ノブちゃんを(ねんごろ)に口説かうといふわけです。今日あたりは物になるだらうな」
④ 習い覚えたものが役に立つようになる。
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉大阪修業「如何しても修業は出来て何か物になるだらうと思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「物になる」の解説

ものにな・る

物事が完成する。また、物事が成就する。「あの研究は―・りそうですか」
ひとかどの人物になる。「将来―・りそうな若者」
[類語]成就達成大成速成適う実現完成成立成り立つ成る出来しゅったい出来る出来上がる樹立確立存立打ち立てる成功奏功上首尾結実開花実を結ぶ花開く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android