片側(読み)かたがわ

精選版 日本国語大辞典「片側」の解説

かた‐がわ ‥がは【片側】

〘名〙 (「かたかわ」とも)
① 両面のうちの、一方のがわ。半面。⇔両側
※俳諧・折つつじ(1772)「烟の中におろすはや桶〈芭蕉〉 此島も片ばかり立そろへ〈路通〉」
② 川、道路や人の列などの左側、右側のうちの、一方。⇔両側
※俳諧・七百五十韵(1681)四「真銀(まかね)ふく常是の嵐帰る也〈政定〉 行灯しらむ片頬(かたかは)の空〈正長〉」
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「壊れかけた邸が堀の対側(カタガハ)に、歯の抜けた様に極めて不規律に並んで居るが」
③ 「かたがわおび(片側帯)」の略。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉投機「三十五六円も出して片側ですから儀式の場所へは締めて出られず」
④ 賭博などで、一方的に勝を占めること。
浄瑠璃・一谷嫩軍記(1751)二「三文でも余った時は、かたかはくんでやってのける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「片側」の解説

かた‐がわ〔‐がは〕【片側】

両面あるうちの、一方の側。また、2列あるうちの、一方の列。「板の片側だけ塗る」「片側通行」
[類語]片面半面反面一面他面一方片方片一方片割れ他方側面片端一端一半一環片鱗一面的一方的サイド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android