煽惑(読み)せんわく

精選版 日本国語大辞典 「煽惑」の意味・読み・例文・類語

せん‐わく【煽惑】

〘名〙 (「煽」はあおる意) 人をおだてて気持をまどわすこと。
※新論(1825)虜情「不可則唱夷教、以煽民心
※明六雑誌‐一二号(1874)西学一斑・三〈中村正直訳〉「民心を煽惑したれば人生職分の大道理これがために蔽錮せられたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「煽惑」の意味・読み・例文・類語

せん‐わく【×煽惑】

[名](スル)人をあおって心をまどわすこと。
「民心を―したれば」〈中村正直明六雑誌一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android