無地(読み)むじ

精選版 日本国語大辞典 「無地」の意味・読み・例文・類語

む‐じ ‥ヂ【無地】

[1] 〘名〙
① 土地がないこと。土地を持たないこと。
※市島謙吉氏所蔵文書‐承平二年(932)九月二二日・丹波国牒「件郷本自無地、百姓口分班給在地郷々」
② (形動) 全体が同じ色で模様がないこと。また、そのものやそのさま。無紋。⇔柄物
※日葡辞書(1603‐04)「Mugi(ムヂ)。または、mugina(ムヂナ)。ヂ ナシ〈訳〉浮彫りも刳形(くりがた)の装飾も施していない金属、金など」
③ (「色模様がない」を芸だけで情事がないの意にかけて) 芸者をいう。
※洒落本・三都仮名話(1781)「無字と言名は名乗れども元来白地は壱人もなし」
④ (酒飲みの下地(したじ)がないの意。一説に「むじ(無地)(二)」の意で「むじ飲めぬ」の略とも) 酒が飲めないこと。また、その人。下戸(げこ)
※洒落本・道中粋語録(1779‐80頃)「旦那ア無地(ムヂ)だが、わっちゃア呑やす」
[2] 〘副〙 (打消表現を伴って用いる) まったく。一向に。
※雑俳・桜の実(1767)一四「鳴く声はぬゑ本名はむじ知れず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス 「無地」の解説

無地

錦鯉の飼育用語のひとつ。斑紋のない地肌のこと。また(光ものを除く)単色の鯉をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉 「無地」の意味・読み・例文・類語

む‐じ〔‐ヂ〕【無地】

全体が同じ色で模様のないこと。「無地のカーテン」「色無地
[類語]無文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「無地」の読み・字形・画数・意味

【無地】むち

底なし。宋・軾〔広州寺〕詩 千古木、無地に臨み 百尺の飛濤、漏天に瀉(そそ)ぐ

字通「無」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android