潮懸・汐懸・塩懸(読み)しおがかり

精選版 日本国語大辞典 「潮懸・汐懸・塩懸」の意味・読み・例文・類語

しお‐がかり しほ‥【潮懸・汐懸・塩懸】

〘名〙 潮の干満による流れが航海中の船の進行と逆方向(逆潮)のとき、船を停泊させて順潮を待つこと。日本の沿岸航海は地形上からくる潮流の変化によって進行を妨げられることが多く、うまく逆潮を避けるのは船頭の技術の一つであった。また、転じて、風待ち、日和待ちなど、天候による停泊の場合にも使うことがある。しおがけ。
上井覚兼日記‐天正一一年(1583)正月一三日「船元迄又太郎殿御座候て暇乞被成、それより蕨嶋に塩懸仕候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android