溶質(読み)ようしつ(英語表記)solute

日本大百科全書(ニッポニカ) 「溶質」の意味・わかりやすい解説

溶質
ようしつ
solute

溶体(溶液)のうちで、分量(分子数)の少ないほうを溶質、多いほうを溶媒という。気体液体固体のいずれでもかまわない。普通には、「溶けているもの」が溶質、「溶かしているもの」が溶媒である。砂糖水なら、砂糖が溶質、水が溶媒ということになる。

[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「溶質」の意味・わかりやすい解説

溶質【ようしつ】

溶液の一成分で,他の成分(溶媒)に溶けている物質。たとえば,砂糖水のうちの砂糖(ショ糖),食塩水中の食塩。
→関連項目過飽和溶解

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「溶質」の意味・わかりやすい解説

溶質
ようしつ
solute

1つの溶液において,溶かされた成分を溶質といい,溶質を溶かすのに用いた成分を溶媒という。溶質は気体,液体,固体いずれでもよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典 「溶質」の意味・読み・例文・類語

よう‐しつ【溶質】

〘名〙 溶液中に溶けている物質。液体同士が溶けあっているときは、量の少ない方をいう。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典 「溶質」の解説

溶質

 溶液の成分で,溶けている物質の方.固体,液体,気体いずれの場合もある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版 「溶質」の意味・わかりやすい解説

ようしつ【溶質 solute】

溶液をつくるさいに溶かすべき物質(気体,液体,固体)を溶質という。たとえば食塩の水溶液についていえば,溶質は食塩であり,溶質に対して溶かす成分である溶媒は水である。溶質が液体(たとえばエチルアルコール)の場合に溶質が溶媒(たとえば水)に無制限に溶けることがある。このような場合は溶質と溶媒の区別はしにくいが,存在している量または割合の小さいほう(50%以下)を溶質ということが多い。【橋谷 卓成】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉 「溶質」の意味・読み・例文・類語

よう‐しつ【溶質】

溶液で、溶媒に溶けている物質。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「溶質」の解説

溶質
ヨウシツ
solute

[別用語参照]溶液

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android