湖出市十郎(1世)(読み)こいでいちじゅうろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「湖出市十郎(1世)」の解説

湖出市十郎(1世)
こいでいちじゅうろう[いっせい]

[生]?
[]1800
長唄唄方。1世吉住小三郎および1世富士田吉次に師事明和5 (1768) 年,湖出市十郎と称する。メリヤスを得意とする。天明4 (84) 年,江戸中村座の顔見世興行で地歌を江戸化したメリヤス『黒髪』を歌って名をあげた。なお,湖出市十郎は湖出派の家元名でもあり,3世まで続いたが,現在は絶えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android