渦鞭毛藻類(読み)ウズベンモウソウルイ

デジタル大辞泉「渦鞭毛藻類」の解説

うずべんもう‐そうるい〔うづベンモウサウルイ〕【渦×鞭毛藻類】

2本の鞭毛をもつ単細胞生物。海産のプランクトンの重要な構成種で、しばしば赤潮の原因になる。ツノモ・ウズオビモなど。双鞭毛藻類渦鞭毛虫類

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「渦鞭毛藻類」の解説

うずべんもうそうるい【渦鞭毛藻類 dinoflagellate】

植物分類系の1門。多くは水界でプランクトン生活をする単細胞性の鞭毛藻で,しばしば赤潮を形成し,魚貝類に被害をもたらす。海にも陸水にも生育し,細胞内にはクロロフィルaとcのほかに赤色のペリジニンと呼ぶカロチノイドを含む色素体をもち,光合成によりデンプンを生成する。体は紅色または紅褐色を呈するものが多く,このため炎色植物Pyrrophytaと呼ばれることもある。学名のdinoはを巻くので,この藻群の泳ぐようすに由来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android