海霧(うみぎり)(読み)うみぎり

日本大百科全書(ニッポニカ) 「海霧(うみぎり)」の意味・わかりやすい解説

海霧(うみぎり)
うみぎり

海上にできる。海岸から内陸へと侵入することもある。湿った空気がより冷たい海面上に流れてきた場合にできる。この霧は濃くて、広い範囲に広がるのが普通である。船舶航行に支障を生じ、内陸に侵入すると日射を遮って農作物生育を妨げるなどの害がある。北海道の東方や三陸地方の東方の海上にできて、海岸から内陸へ侵入する。海霧のいちばん多い時期は7月ごろで、30年間平均の観測値によると、根室では7月中に24日、釧路(くしろ)では7月中に20日の霧が気象台で観測されている。北海道東岸の海霧を調べた例によると、霧のときの風向きは南寄りで、風速は毎秒4~5メートル、気温と水温の差は2~3℃、霧の厚さは100~600メートルであった。また海霧の上空には、はっきりとした気温の逆転がある。

 海にできる霧には前記のような成因のほかに、暖かい海面上に冷たい湿った空気が流れてきたときにできる霧がある。この霧は蒸気霧とよばれ、海霧の一種である。冬季、陸上で夜間に冷えた空気が朝になって海へ吹き出したとき、沿岸海面上にできる。比較的狭い範囲に限られ、霧はあまり濃くならない。北海道の南岸沖にできる蒸気霧は、海岸線方向の幅、沖合い方向の長さとも数キロメートルの程度で、12月、1月、2月に多く発生する。気温が水温より10℃ぐらい低くなるとできやすい。冬、日本海上にできる霧も蒸気霧である。

[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特別抗告

(1) 民事訴訟法上,通常の不服申立が認められていない決定,または命令に対して直接最高裁判所に提起する抗告。この制度は,最高裁判所の違憲審査権を保障しようとするものであるため,原裁判に憲法解釈上の誤り...

特別抗告の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android