海底ハウス『歩号1世』(読み)かいていハウスあゆみごういっせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「海底ハウス『歩号1世』」の意味・わかりやすい解説

海底ハウス『歩号1世』
かいていハウスあゆみごういっせい

愛媛県北宇和郡吉田町のみかん園主である田中和栄が設計,200万円かけてつくった海中ハウス。 1968年9月5日から 12日まで,吉田町の沖 40m,水深 11mの海底で実験生活をした。鋼鉄製で,球体茶筒を横から突き刺したような形をしている。球体の部分は,高さ 2.5m,茶筒の部分は高さ 1.5m,幅 2m,全長 7m。定員は8人。室内容量は 24m3床面積は 17m2,水深 30mまでの水圧に耐えられる。現在は東京都船の科学館に展示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ボソン

ボース統計に従う粒子。ボース粒子ともいう。スピンが整数の素粒子や複合粒子はボソンであり,光子,すべての中間子,および偶数個の核子からなる原子核などがその例である。またフォノンやプラズモンのような準粒子...

ボソンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android