沼海老(読み)ぬまえび

精選版 日本国語大辞典「沼海老」の解説

ぬま‐えび【沼海老】

〘名〙 ヌマエビ科の小形のエビ。本州・四国・九州に分布し、淡水のほかに汽水にもすむ。体長三五ミリメートル内外で青緑色。また、ヤマトヌマエビ、ヌカエビトゲナシヌマエビなど、ヌマエビ科に属する種類すべてをさすことがある。食用のほか釣にする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「沼海老」の解説

ぬま‐えび【沼海老/沼×蝦】

十脚目ヌマエビ科の甲殻類総称。淡水または汽水にすむ。ヤマトヌマエビ・ヌカエビなど。
ヌマエビ科のエビ。体長約3センチ。本州中部以南に多い。釣りの餌にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android