永井竜男(読み)ながい たつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「永井竜男」の解説

永井竜男 ながい-たつお

1904-1990 昭和-平成時代の小説家。
明治37年5月20日生まれ。大正9年「活版屋の話」で菊池寛にみとめられる。昭和2年文芸春秋社に入社,「文芸春」編集長,専務をつとめる。戦後,人情機微をえがく短編小説で知られた。41年芸術院賞,44年芸術院会員,56年文化勲章。平成2年10月12日死去。86歳。東京出身。作品はほかに「一個」「青梅雨(つゆ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「永井竜男」の解説

永井竜男【ながいたつお】

小説家。東京生れ。菊池寛に認められ,19歳のとき短編《黒い御飯》を《文芸春秋》に発表。庶民的な人情の機微をとらえ,短編の名手として知られた。《風ふたたび》(1951年朝日新聞連載)以後は新開小説作家としても活躍。他に短編集《一個その他》など。1981年文化勲章。全集(12巻)がある。
→関連項目丹羽文雄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「永井竜男」の解説

ながい‐たつお〔ながゐたつを〕【永井竜男】

[1904~1990]小説家。東京の生まれ。人情の機微に触れた作風で知られ、短編に本領を発揮した。文化勲章受章。作「朝霧」「コチャバンバ行き」「」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android