水温(読み)すいおん

百科事典マイペディア「水温」の解説

水温【すいおん】

海洋湖沼河川などの水の温度をいう。海水の場合には,塩分と並んでその物理的性質を定める基本的要素となる(水塊)。海水の表面水温は外洋では30℃を越えることはまれだが,内湾では,たとえば紅海で35℃まで上がる例がある。太平洋では,表面水温の極大は北緯10°と赤道との間にあり,南・北緯40°付近で両極に向かって急速に低下している。塩分の存在により海水の氷点は低く,約−2℃まで下がりうる。海では水温は一般的には深層に向かって次第に低くなる。日射蒸発などによる熱の出入の影響は表面近くに限られる。水温の日変化の及ぶ深さは数十m程度。熱帯・温帯海域についていえば,水温の年変化を示すのは深さ200mくらいまで(高緯度海域では10〜75m)で,またこのくらいの深さまでは水温は比較的一様に保たれ,かく乱層と呼ばれる。その下に水温が急に下がる不連続面があり,これを躍層という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「水温」の解説

すい‐おん ‥ヲン【水温】

〘名〙 水の温度。特に、海水の温度をさすこともある。
※稲熱病(1939)〈岩倉政治〉二「水温が緩和されない冷たさで稲へヂカに当るのだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水温」の解説

すい‐おん〔‐ヲン〕【水温】

水の温度。「水温計」
[類語]気温温度寒暖三寒四温室温零下氷点下常温定温適温

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android