水になす(読み)みずになす

精選版 日本国語大辞典「水になす」の解説

みず【水】=に[=と]なす

※俳諧・崑山集(1651)一〇「名月を水になしたる雨夜哉〈貞徳〉」
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)四幕「これを規模に過ぎ去った事は残らず水になし」
浄瑠璃新版歌祭文お染久松)(1780)油屋「初孫に日の目も見せず、水になせとの胴欲を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android