水にする(読み)みずにする

精選版 日本国語大辞典「水にする」の解説

みず【水】 に する

① むだにする。効果を失わせる。むなしくする。無にする。水になす
※甲陽軍鑑(17C初)品五三「あとの勝利を水にせぬやうにさへあれば、末代まで名は残る者也」
※滑稽本・酩酊気質(1806)上「すっぱりと水にしてお前ッちに遣りやせう」
③ 子をおろす。堕胎する。水になす。
※雑俳・柳多留‐一九(1784)「今までの事を中条水にする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水にする」の解説

みずに◦する

むだにする。効果を失わせる。「金を―◦する」
水に流す。「一切を―◦する」
堕胎だたいする。
「腹の子を―◦した娼妓も」〈・粋好伝夢枕〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android