民間(読み)みんかん

精選版 日本国語大辞典「民間」の解説

みん‐かん【民間】

〘名〙
① 人の間。一般庶民の社会。坊間。
※続日本紀‐文武二年(698)七月乙丑「公私奴婢亡匿民間
※地蔵菩薩霊験記(16C後)六「民間(ミンカン)にありといへども其氏姓賤からず」 〔史記‐項羽本紀〕
② 公の機関に属さないこと。
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「民間交通事業の見るべきものが追々と発達して来てゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「民間」の解説

みん‐かん【民間】

一般の人々の社会。世間一般の人々。「民間に伝わる風習
公の機関に属さないこと。「民間の企業」「民間人」
[類語](1社会世間世の中巷間こうかん市井しせい江湖こうこ天下世俗俗世世界世上人中浮き世/(2私営民営

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「民間」の解説

【民間】みんかん

一般民衆の中。〔史記、項羽紀〕項梁~乃ち楚の懷王の、心(しん)の民に人の爲にを牧するを求め、立てて以て楚の懷王と爲す。

字通「民」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android