欠陥(読み)けっかん

精選版 日本国語大辞典 「欠陥」の意味・読み・例文・類語

けっ‐かん【欠陥】

〘名〙
① 不備な点。不完全な点や欠けて足らないところ。不十分さ。欠点。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉二「娼家の設け本是れ社会に欠陥有り人心に弱処有るに因り、人情已めんと欲して已む可らざる者有り」 〔宋史‐李沆伝〕
② (━する) 金銭上、欠乏すること。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一一「家計常に欠陥(ケッカン)するを免かれざる是れ一般の習なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「欠陥」の意味・読み・例文・類語

けっ‐かん【欠陥】

欠けて足りないこと。不備な点。「論理上の欠陥く」「欠陥商品」
[類語]難点短所くせ遜色弱点欠点盲点瑕疵かし瑕瑾かきんあら弱み泣き所負い目引け目付け目デメリットウイークポイントハンディキャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「欠陥」の読み・字形・画数・意味

【欠陥】けつかん

不十分。不備。〔宋史、李伝〕身厚祿を(は)み、時にり。裝(なうさう)(袋の中の物)を計るに、亦た以て第(邸(やしき))を治むべし。但だ念(おも)ふに、典(仏典)に此の世界を以て缺陷と爲す。安(いづく)んぞ圓滿なることの如く、自ら足(満足)するを得ん。

字通「欠」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android