機械パルプ(読み)きかいぱるぷ(英語表記)mechanical pulp

日本大百科全書(ニッポニカ) 「機械パルプ」の意味・わかりやすい解説

機械パルプ
きかいぱるぷ
mechanical pulp

木材などの繊維原料を機械的に処理して製造するパルプの一種。略称MP新聞用紙更紙(ざらがみ)などの下級紙や繊維板などの原料となる。原料としては、古くは色が白く、繊維が長いエゾマツなどの針葉樹の丸太が好んで使用された。その後、原木の不足からシラカンバなどの広葉樹も用いられるようになり、さらにパルプ化技術の進歩により、かなり広範囲の針葉樹および広葉樹のチップまでが原料として用いられるようになった。

 製法としては、木材を水と共存下で機械的に解繊する方法がとられるが、さらに大別して、(1)丸太を水にぬらしながら砕木機の回転する砥石(といし)面に押し当てて解繊する方法と、(2)木材チップを水とともにリファイナーで機械的に解繊する方法とがある。前者の方法で得られるパルプを砕木パルプground pulp(GP)、後者の方法で得られるパルプをリファイナーグラウンドパルプrefiner ground pulp(RGP)とよんでいる。機械パルプはパルプの製造に際して化学薬品を要せず、パルプの収率が約95%ときわめて高く、パルプ排水の濃度もきわめて小さい。しかし、その化学的組成は木材とほとんど変わらず、リグニン含有量もきわめて大きいため、大きなパルプ強度が望めず、また高白色度まで漂白することは困難であるので、上質紙原料としては使用できない。またパルプ製造用の電力も化学パルプに比べて極端に大きい。強度については、その後熱処理と機械処理を併用するサーモメカニカルパルプ(TMP)が開発され、向上が図られた。このサーモメカニカル法を除いては単独抄紙(しょうし)は不可能である。新聞用紙などの下級印刷用紙は機械パルプと新聞古紙の再生パルプを主原料として、これにつなぎ用のパルプとして化学パルプを配合して抄造される。

[御田昭雄 2016年4月18日]

『紙パルプ技術協会編・刊『メカニカルパルプ』(1997)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「機械パルプ」の意味・わかりやすい解説

機械パルプ
きかいパルプ
mechanical pulp

機械力だけで木材やチップ (木片) などを摩砕して製造するパルプ。略称 MP。化学薬品で処理する化学パルプと区別される。木部繊維以外の不純物を含み,強度,美麗さなどは劣るが,生産費が安く,下級紙の原料などに使用。砕木パルプ,リファイナーグラウンドパルプ,サーモメカニカルパルプなどの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版 「機械パルプ」の解説

機械パルプ
キカイパルプ
mechanical pulp

[別用語参照]パルプ

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android