権利質(読み)けんりしち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「権利質」の解説

権利質
けんりしち

財産権目的とする質権をいう (民法 362条1項) 。元来質権は動産不動産など有体に対して発達してきた制度であるが,債券株式などが財産として重要な地位を占めるようになり,権利を質に入れることが認められるようになった。質権の目的物は譲渡しうることを原則としており (343条) ,債権質以外のものについては,有体物上の質権の規定を準用する (362条2項) 。質権の目的物 (財産権) として認められているものは,債権のほか,不動産物権 (地上権永小作権など) ,株式,電話加入権,無体財産権などで,鉱業権漁業権などは質権の目的物とすることを禁じられている。今日債権質と株式質が最も多く利用され,金融上の担保として重要な位置を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「権利質」の解説

権利質【けんりじち】

所有権以外の財産権を目的とする質権(民法362条以下)。権利の質入れである。目的物を取り上げて心理的圧迫を加える作用は少ないが,目的物の交換価値から優先弁済を受ける点では物上質と異ならない。目的となる財産権は,債権・株式・地上権・無体財産権など譲渡可能なものに限られ,特に前2者が利用される。
→関連項目債権質物権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「権利質」の解説

権利質
けんりじち

債権・株主権・無体財産権などの財産権を目的とする質権(しちけん)(民法362条~367条)。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「権利質」の解説

けんり‐しち【権利質】

〘名〙 債権、株主権、無体財産権など、物以外の財産的権利を目的とする質権。〔民法(明治二九年)(1896)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「権利質」の解説

けんり‐しち【権利質】

債権株式地上権知的財産権など、所有権以外の譲渡可能な財産権を目的とする質権

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「権利質」の解説

けんりじち【権利質】

不動産物権,無体財産権,債権,株式のような譲渡しうる財産権は,動産・不動産と同様,質権の目的となしうる(民法362条)。これを権利質という。質権はもともと有体物について発達してきたものであるが,経済・取引の発展とともに上記のような財産権が財貨としての価値を高めるに伴い,これらについても質権の設定が認められるようになった。質権はこの新たな分野においてきわめて重要な社会的作用を営むに至っている。以下,主要な財産権の質権につき解説する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の権利質の言及

【質権】より

…債権の担保として,債権者が債務者または第三者(物上保証人)から受け取った物を留置して債務弁済を間接的に強制するとともに,弁済されない場合にはその物から優先弁済を受けることのできる担保物権(民法342条)。質権はもともと動産について認められた権利(動産質)であるが,のちに不動産についても認められ(不動産質),さらに債権,株式,各種の無体財産権(権利質)などについても認められるようになったものである。日本の民法もこれら3種の質権につき規定するが,質権の本来の特色を最も典型的に示すのは動産質権で,それと比較すると他の二つの質権はかなり特殊な性格をもっている。…

※「権利質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android