楽団(読み)がくだん

精選版 日本国語大辞典「楽団」の解説

がく‐だん【楽団】

〘名〙 音楽を合奏する団体バンド
※思い出を売る男(1951)〈加藤道夫〉「あのひとは楽団のサクソフォン吹きだったの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「楽団」の解説

がく‐だん【楽団】

音楽を演奏する団体。「管弦楽団
[類語]バンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の楽団の言及

【バンド】より

…楽団あるいは楽隊と訳す。器楽の合奏団のことであるが,今日ではおもに,管楽器を主体とする合奏団,またはジャズをはじめとする民衆的あるいは民俗的な合奏団(編成はさまざま)を指す語として用いる。…

※「楽団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android