極刑(読み)きょっけい

精選版 日本国語大辞典 「極刑」の意味・読み・例文・類語

きょっ‐けい キョク‥【極刑】

〘名〙 この上なく重い刑罰。死刑のこと。
※続日本紀‐延暦元年(782)閏正月丁酉「拠法処断、罪合極刑

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「極刑」の意味・読み・例文・類語

きょっ‐けい〔キヨク‐〕【極刑】

最も重い刑罰。死刑。「極刑に処する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「極刑」の読み・字形・画数・意味

【極刑】きよくけい

最も重い刑罰。漢・司馬遷〔任少(安)に報ずる書〕僕竊(ひそ)かに不、~一家の言をさんと欲す。創未だ就(な)らざるに、會(たまたま)此のふ。其のらざるを惜しみ、已に極刑に就けども慍(うら)む色無し。

字通「極」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android